婚活しようよ

婚活応援のためのブログです

 

好き=幸せ?

あなたにとって幸せってなんですか?


好きな人といること


遊んでいる時


本を読んでいる時


面白い映画を見た時


人によって幸せって違うけど似ていたりします


好きな人や好きな事


そう


共通項はそれが好きということです


幸せの反対は不幸せです多分


幸せと思う時があるのであれば、それの反対の不幸せを経験しているからだと思います


一人でいた時間があったから好きな人といると幸せを感じたり


面白くない映画を見たことがあるから面白い映画を見て幸せを感じたり


するものです


ふむふむ


ということは幸せを感じさせてくれる不幸せは決して悪いことでもない


では


幸せ=好きなのか?


好きという感情は人それぞれで、その感情が分からないって人もいる


好きという感情は幅が広く、そして自分でも不確かなものに過ぎないと思います


この間まで好きだったのに今は嫌いになるなんてのも良くある話です


ただ幸せはちょっと違います


自分が幸せであれば周りからみて違うと思われようが幸せだったりします


逆に周りが幸せそうに思っても自分が不幸せと思ったら不幸せなんです


恋愛においては


ずっと好きでいてもらうことは難しいことかもしれません


ただ相手に自分といることが幸せであると思ってもらえることは出来ることだと思います


好きじゃないなら、それは同情でしかないよって言う人がいます


自分は大事なのは幸せなのかどうかだと思います


なので自分の場合は


今、幸せじゃなくて、未来にも幸せがあると思えないなら、考えた方がいい


ただ不幸せってのは決して悪いことでもないけど


ってアドバイスします


幸せは待っていても訪れるわけではありません


それなりの努力が必要だということです


それなりの努力


それは


自分が誰かに幸せを提供することから始まることだと思います

PVアクセスランキング にほんブログ村

相談

相談すると自分の考えを押し付けてくる人っていますよね


例えば


絶対こうした方がいいよ


とか


こうじゃないと変だよ


とか・・・


ふむふむ


仕事であれば別としてプライベートで


こう言われてしまうと


そうしなきゃ後々、変な空気とかになる


人によっては相談しなきゃ良かったと思ったり


これが自分にとって大事な人からだったら、そうしなきゃならないって思う人もいるのではないでしょうか


それがうまくいかなかったら、お互い気まずくもなるような気がしませんか?


それが悪いか良いかは別として



自分は相談された時には、それは選択肢の一つとして考えてもらっています


例えば


自分ならこうすると思うけど、良かったら選択肢の一つにして


とか


そもそも


相談をする人ってのも、ただ聞いてほしいだけの人が多かったりするのも事実


何をアドバイスしても、本人的に大体は答えが決まっていて


その考えを後押ししてほしいだけのことも多い


例え、それが間違っていたとしても


であれば


自分ならこうすると思うけど、共感できるなら選択肢の一つにしといて


ただ自分でそうしたいなら、やってみてもいいと思う


例えそれが駄目でもきっとマイナスにはならないと思うしね


とかがベストアンサーだとも思います


ただ、自分の意見を押し付けてくる人は相当、あなたのことを愛してくれてる人であることも事実で


一番駄目なのは適当に聞くことだと思います


なので自分の場合、大事な人からの相談は仕事以上に考えて答えるようにしています

PVアクセスランキング にほんブログ村

意見は多数派が強い

昔、悪かった人が一回良いことをすると賛同される


昔から真面目だった人が一回悪いことをすると非難される


ふむふむ



これって不公平だと思いませんか?



そもそも



世の中の良いと悪いって



良いと思う人が多ければ、それは良くなり
悪いと思う人が多ければ、それは悪くなる



そんなもんですよね世間って



会社でもそういうことがあったりします



多数派が強い存在



ただ、目や考えが養われていない多数派もいたりする



世の中は多数派の意見が正解となるもんだから間違いが起こったりするかもしれません



ただ、恋愛においては1対1



多数派は2対0しか存在しない



二人ともに同意見であれば、それが間違っていても進むべき道となります



意見が食い違う時、どうしたらいいのか



お互い、話し合って2対0にするしかない



自分はそう思います



ただそれが間違っていたとしても、二人で出した答えならば反省はするが後悔はしないはず



そして間違いは必ずしも不正解とはならないと自分は思う



不正解は、一方があの時、自分はやっぱり逆だと思ってたと今更言うことだと思います



もし、その時その場で言えない人がいるのだとすれば我慢するか、親や友人を入れて多数派を作ることをお勧めします



ただこの多数派を作る場合、間違ったら後悔するかもって時に限った方がいいかもしれませんね



PVアクセスランキング にほんブログ村